アイランド薬局アイランド薬局地域から愛される薬局を目指して

button_02.pngbutton_02.png

ttl-event02.gif

i-kensyu.png2017.6.19-23

新入社員フォローアップ研修

page-8.jpg6月19日からの5日間、福島県の磐梯熱海温泉清稜山倶楽部で、配属後1ヵ月半にて、新入社員フォローアップ研修が実施されました。
研修内容は「授乳婦における服薬指導の考え方」「薬剤による色調変化」「時間薬理と服用時点が規定されている医薬品」「アンチエイジング」の講義、「配属店舗の良い点・改善点」「ヒューマニティーコミュニケーション」などのグループワーク、「服薬指導」「疑義照会」についてのロールプレイを行いました。


i-kensyu.png2017.5.21

第16回 研究発表会 本選会

page-6.jpg5月21日に秋葉原UDX THEATERにて第16回研究発表会本線会が行われました。地区予選で高い評価を得た14演題が発表され、その中でも特に評価の高かった「お手軽3分トレーシング〜患者さんと医師を繋ぐ架け橋〜」「ラメルテオン(ロゼレム)による睡眠相後退症候群への効果に対する検証」「薬局における一包化判断基準について」「SWITCH!!〜処方せん薬管理からOTC管理へ〜」「セルフメディケーションのすゝめ〜患者様に選ばれる調剤薬局を目指して〜」「災害対策〜大火をふまえて〜」「ハイリスク薬管理について」の7演題が今年度開催の「第11回日本薬局学会学術総会」、「第50回日本薬剤師会学術大会」にて発表予定です。


i-kensyu.png2017.4.3-28

新入社員研修

page-7.jpg4月1日入社の新人薬剤師を対象に、4月3日〜4月28日の約1か月間、集合研修を行いました。
「組織論」、「ビジネスマナー」など社会人として必須となる項目から、「処方解析」、「調剤実習」、「店舗実習」など薬剤師としての専門知識を身につけるものまで、内容は多岐にわたります。
写真は、「入社式の集合写真」「調剤実習」「フィジカルアセスメント実技」「服薬指導ロールプレイ」になります。


i-kensyu.png2017.3.12

第16回 研究発表 東北地区予選会

page-5.jpg3月12日に郡山市民プラザビッグアイにて第16回研究発表 東北地区予選会が行われました。「SWITCH!!〜処方せん薬管理からOTC管理へ〜」「薬局における一包化判断基準について」「ラメルテオン(ロゼレム)による睡眠相後退症候群への効果に対する検証」など調剤薬局業務にかかわる幅広い分野で23演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は、5月に行われる研究発表会全国大会にて発表予定です。


i-kensyu.png2017.3.5

第16回 研究発表 北海道・関東・信越地区予選会

DSC07033.JPG3月5日に秋葉原UDX GALLARYにて第16 回研究発表 北海道・関東・信越地区予選会が行われました。「お手軽3分トレーシング〜患者さんと医師を繋ぐ架け橋〜」「ジェネリック医薬品(GE)〜味の比較〜」「後発品変更率75%までの道」「災害対策〜大火をふまえて〜」など幅広い分野で16演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は、5月に行われる研究発表会全国大会にて発表予定です。


i-kensyu.png2017.3.4

第16回 研究発表 東海・近畿地区予選会

DSC07022.JPG3月4日にTKPガーデンシティ名古屋新幹線口にて第16回研究発表 東海・近畿地区予選会が行われました。「患者様とご家族をサポートする待合室づくり」「『かかりつけ薬剤師』ってご存知ですか?」「ハイリスク薬管理について」など、調剤薬局業務にかかわる幅広い分野で16演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は、5月に行われる研究発表会全国大会にて発表予定です。


i-kensyu.png2017.2.26

健康サポート薬局研修

page-4.jpg2017年2月26日にアイランド薬局大町店2階研修室にて一般社団法人日本保険薬局協会が主催する「健康サポート薬局研修」が行われました。 研修内容は「健康サポート薬局の基本理念」、「薬局利用者の状態把握と対応」、「地域包括ケアシステムにおける多職種連携と薬剤師の対応」の講義およびグループワーク、ロールプレイを行い、健康サポート薬剤師としての職能力一層の向上に努めることを再確認できました。
研修終了後、受講者全員が健康サポート薬剤師の認定を取得することができました。


i-kensyu.png2017.2.19

薬局長フォローアップ研修

DSC_0070.jpg2017年2月19日に東京都の本社にて薬局長フォローアップ研修が実施されました。
「個別指導・特定共同指導 概要」、「薬局運営の中で重要な管理業務の1つである適切な調剤報酬算定について」、「局長ならではの悩み事・今さら聞けない事」をテーマに講義とグループワークを実施いたしました。


i-kensyu.png2017.1.16-18

新入社員半年研修

2017.1.16-18.jpg1月16日〜18日にアワーズイン阪急にて、今年度の新入社員配属後約半年が経過したところで、半年研修が実施されました。
研修内容は「OJTフェースシートの確認、OJT各項目についての確認問題」「クリニカルケーススタディー(高血圧症・糖尿病)」のグループワーク、外部講師による「軟膏・クリーム、褥瘡について」の講義などを行いました。
 OJT研修を終え、成長した新入社員の皆さんのたくましい姿が頼もしく見えました。


i-kensyu.png2016.12.3-12.7

ハワイ研修

hawai.png12月3日〜12月7日に社内企画によるハワイ研修を実施いたしました。環太平洋地域における米軍連邦政府医療機関唯一の第三次救急医療センター(トリプラー陸軍病院)や大・中型薬局(ウォルマート・ウォルグリーン)の視察を行いました。「薬剤師が服薬指導をほとんど行わない」「薬剤師はインフルエンザ予防接種の医療行為が許可されている」などの日本との違いを感じられる研修となりました。


study.gif2016.11.13

全体薬局長会議

11月13日全体薬局長会議.jpg2016.11.13にフクラシア東京ステーションにて、店舗の薬局長とマネージャー以上を対象に全体薬局長会議が行われました。管理者研修として外部講師 赤瀬朋秀先生をお招し「保険薬局に課せられている使命について」のご講演をいただきました。また、社内内部統制・法務部より「コンプライアンス研修〜SNSを利用する際の注意点〜」、ヘルスケア推進部より「PB商品について」、デッドストックプロジェクトチームより「自社開発Webシステムについて」の説明も行われました。


i-gakkai.png2016.10.29-30

第10回日本薬局学会学術総会

page.jpg10月29、30日に国立京都国際会館で開催された、第10回日本薬局学会学術総会に参加いたしました。今年の3月に社内で開催された研究発表会の優秀演題をポスター形式で2演題発表してまいりました。
発表演題は「聴覚障害者へのより良い対応に寄与するツール作成」、「2型糖尿病患者の栄養指導〜薬剤師介入方法の検討〜」の2演題でした。


i-gakkai.png2016.10.9-10

第49回日本薬剤師会学術大会

page-2.jpg10月9、10日に名古屋国際会議場・名古屋学院大学で開催された、第49回日本薬剤師会学術大会に参加いたしました。今年の3月に社内で開催された研究発表会の優秀演題をポスター形式で3演題発表してまいりました。
発表演題は「抗がん剤治療への介入〜より良い服薬指導を目指して」、「薬剤師の家庭訪問による服薬アドヒアランス向上への取り組み」「抗凝固薬のチェックシートを用いた副作用の早期発現への取り組みと効果検証」の3演題でした。


i-kensyu.png2016.9.3-7

シンガポール研修

DSC02453.JPG9月3日〜7日の5日間、薬剤師、オペレーターを含めたシンガポール研修を実施しました。「シンガポールの医療制度について」のセミナーを受講し、Kuniko TCM&Healthcare、Khoo Teck Puat Hospitalの視察を行いました。シンガポールの医療制度や文化に触れ、良い刺激となりました。


i-kensyu.png2016.8.7

薬局長就任(前)研修

2016.8.7薬局長就任前研修.JPG8月7日に福島県のアイランド薬局大町店の研修室にて薬局長就任(前)研修が実施されました。
薬局長就任1年以内、および今後薬局長になる見込みの薬剤師を対象に行われ、9名が参加しました。
研修の内容は「管理薬剤師マニュアル」「契約調剤について」「保険調剤の基礎」「調剤過誤防止マニュアル、医療提供施設について、破損・破棄・デットストック」「クレーム対応マニュアル」「適正な薬歴記載」などの管理者として必要な知識である、人・物・金についての研修となりました。


i-kensyu.png2016.7.29

OJT担当者研修

7月29日に本年度のOJT担当者および地区のマネージャ・次長を対象にしたOJT担当者研修(郡山・須賀川地区)が福島県郡山市にあるアイランド薬局大町店2階の研修室にて行われました。
内容は「OJTを行う上で不安に思っていること」「新人薬剤師が抱える不安」「ここ最近の新卒者の傾向」などを共有して、OJTに活かしていく研修となりました。


i-kensyu.png2016.7.16-17

2年目研修

2016.7.16-17+2年目研修.JPG7月16日と17日に千葉のクリアビューゴルフクラブ&ホテルにて2年目研修が実施されました。
参加者は21名で、研修内容は「薬物代謝酵素と相互作用」「疑義照会と適応外について」「在庫管理」についての講義、「クリニカルケーススタディー2例(緑内障・リウマチ)」のグループワークを行いました。


study.gif2016.7.9

医師招聘勉強会(北海道地区)

2016.7.9医師招聘勉強会北海道.jpg7月9日に社会医療法人社団カレスサッポロにて、北光記念クリニック所長佐久間一郎先生をお招きして、「薬剤師が知っておくべき正しい臨床栄養学に基づいた食事指導法」と題して生活習慣病と食物の関係について、実際の臨床データとエビデンスを用いてお話し頂きました。また、認知症における薬物選択のコツについてもお話し頂きました。


i-kensyu.png2016.6.18-22

新入社員フォローアップ研修

2016.6.18~22+新入社員フォローアップ.jpg6月18日からの5日間に千葉県のクリアビューゴルフ&ホテルで、配属後1ヵ月半にて、新入社員フォローアップ研修が実施されました。
研修内容は「在宅業務の流れ」「緩和医療について」「時間薬理と服用時点が規定されている医薬品」の講義、「配属店舗の良い点・改善点」などのグループワーク、「服薬指導」「疑義照会」についてのロールプレイを行いました。


i-kensyu.png2016.6.18-22

タイ研修

2016年6月18~22日タイ研修.JPG6/18〜22に薬剤師2名、オペレーター8名を含めた14名にてタイ研修を実施しました。「タイと日本医療制度について」のセミナーを受講し、チュララットインターナショナル病院、バルムンラート病院の視察を行いました。タイの医療制度について学び、また薬剤師の仕事の幅広さに刺激を受けました。


i-kensyu.png2016.6.4-10

アメリカ研修

page-3.jpg6月4日〜10日にかけて、アメリカ研修に参加致しました。「アメリカの薬局において、患者獲得のためにどのようなサービスやマーケティングが行われているか」を学び、日本の現制度の枠にとらわれない患者様のための薬局創りを皆で考えました。また、アメリカの医療制度、薬剤師の業務について学び、大手チェーン薬局の視察なども行いました。


i-kensyu.png2016.5.28-29

3年目研修

2016年5月28、29日3年目研修.jpg5月28と29日に千葉のクリアビューゴルフクラブ&ホテルにて3年目研修が実施されました。
研修内容は「女性医学概論」「薬歴記載について(糖尿病患者・乳幼児)」「ビジネス文書の書き方」などの講義、「クリニカルケーススタディー4例」「クレームと責任」「中堅の役割」などのグループワークを行いました。


study.gif2016.5.11

医師招聘勉強会(郡山地区)

2016.5医師招聘勉強会郡山.jpg5月11日にアイランド薬局大町店研修室に公益財団法人 星総合病院 循環器科 松井 佑子先生を招いて「抗血栓療法(心房細動からカテーテル治療まで)」と題しまして、抗凝固薬の使い分けとカテーテル・ステント治療についてお話しいただき、実際に治療に用いるカテーテルやステントを見せていただき、とてもためになり良い経験ができました。


i-kensyu.png2016.5.8

第15回 研究発表会 本選会

2016.5.8研究発表本選会.jpg5/8に秋葉原UDX GALLRYにて第15回研究発表会本線会が行われました。地区予選で高い評価を得た14演題が発表され、その中でも特に評価の高かった「薬剤師の家庭訪問〜現状把握と薬剤師介入の必要性〜」「抗がん剤治療への介入〜よりよい服薬指導を目指して〜」「2型糖尿病患者の栄養指導〜食事指導という基本を忘れていませんか?〜」「聴覚障害者への対応〜ツール作成〜」「アンケートを用いた抗凝固薬の副作用チェック」の5演題が今年度開催の「第10回日本薬局学会学術総会」、「第49回日本薬剤師会学術大会」にて発表予定です。


i-kensyu.png2016.4.2-28

新入社員研修

2016.4.2-28+新入社員研修.jpg4月1日入社の新人薬剤師を対象に、4月2日〜4月28日の約1か月間、集合研修を行いました。
「組織論」、「ビジネスマナー」など社会人として必須となる項目から、「処方解析」、「調剤実習」、「店舗実習」など薬剤師としての専門知識を身につけるものまで、内容は多岐にわたります。
そのほかに「郡山シティーマラソン」の応援、慰労会など盛りだくさんの内容となりました。
写真は、「KJ法-グループワーク」「講義風景」「調剤実習」「懇親会の集合写真」になります。


i-kensyu.png2016.3.13

第15回 研究発表会 北海道・関東・信越地区予選

2016.3.13北海道関東信越研究発表予選会.jpg3/13に秋葉原UDX GALLARYにて第15 回研究発表会北海道・首都圏・信越地区予選が行われました。「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」「2型糖尿病患者の栄養指導〜食事指導という基本を忘れていませんか?〜」「聴覚障害者への対応〜ツール作成〜」など患者接遇にかかわる幅広い分野で14演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は、5月に行われる研究発表会全国大会にて発表予定です。


i-kensyu.png2016.3.12

第15回 研究発表会 東海・近畿地区予選

2016.3.12東海近畿研究発表予選会.jpg3/12にTKPガーデンシティ名古屋新幹線口にて第15回研究発表会東海近畿地区予選が行われました。「アンケートを用いた抗凝固薬の副作用チェック」「医薬品とキレート形成」「メトホルミン製剤とオルメテックの一包化」調剤薬局業務にかかわる幅広い分野で15演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は、5月に行われる研究発表会全国大会にて発表予定です。


i-kensyu.png2016.3.6

第15回 研究発表会 東北地区予選

2016.3.研究発表予選会.jpg3/6に郡山市民プラザビッグアイにて第15回研究発表会東北地区予選が行われました。「薬剤師の家庭訪問〜現状把握と薬剤師介入の必要性〜」「抗がん剤治療への介入〜よりよい服薬指導を目指して〜」「更年期症状に対するエクオールの改善効果の検証」など調剤薬局業務にかかわる幅広い分野で22演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は、5月に行われる研究発表会全国大会にて発表予定です。


i-kensyu.png2016.2.21

薬局長就任(前)担当者研修

20160221-2.jpg2月21日に東京都の本社にて薬局長就任(前)研修が実施されました。
薬局長就任1年以内、および今後薬局長になる見込みの薬剤師を対象に行われました。
研修の内容は「管理薬剤師マニュアル」「契約調剤について」「保険調剤の基礎」「調剤過誤防止マニュアル、医療提供施設について、破損・破棄・デットストック」「クレーム対応マニュアル」「経営管理について」「適正な薬歴記載」などの管理者として必要な知識についての研修となりました。


i-kensyu.png2016.2.21

OJT担当者研修

20160221.jpg2月21日に東京都の本社にてOJT研修が実施されました。
今年度の新入社員OJT指導者となった方、来年度の新入社員OJT指導者になるであろう方、今後のOJTの構成などを検討したい、資料を作成したい等のご意見を持っている方を対象に行われました。
研修の内容は「後輩への指導と関わり方」についての講義、「後輩育成における現状」「OJT構成について」についての討議が行われました。。


i-kensyu.png2016.2.14

薬局長フォローアップ研修

20160214.jpg2月14日、東京都の本社にて薬局長フォローアップ研修が実施されました。
「局長ならではの悩み事・今さら聞けない事」、「薬局運営の中で重要な管理業務の1つである適切な調剤報酬算定について」をテーマに講義とグループワークを実施いたしました。


i-kensyu.png2016.1.23-24

半年研修

半年研修.jpg1月23日、24日の2日間、ホテルマイステイズ御茶ノ水で今年度の新入社員配属後約半年が経過したところで、半年研修が実施されました。
研修内容は「OJTフェースシートの確認、OJT各項目についての確認問題」「クリニカルケーススタディー(高血圧症・糖尿病)」のグループワーク、外部講師による「軟膏・クリーム、褥瘡について」の講義などを行いました。
OJT研修を終え、成長した新入社員の皆さんのたくましい姿が頼もしく見えました。


i-gakkai.png2015.11.22-23

第48日本薬剤師会学術大会

日薬学会.jpg11月22,23日に鹿児島で開催された、第48日本薬剤師会学術大会に参加いたしました。今年の3月に社内で開催された研究発表会の優秀演題をポスター形式、3演題発表してまいりました。
発表演題は「Ccrによる服用量チェック 」、「調剤薬局での積極的な残薬調節取組みによる医療費削減効果」、「親の介入によるイナビ吸入成功率」の3演題でした。


i-kensyu.png2015.10.25-10.31

ニュージーランド研修

ニュージーランド研修.jpg10/25〜10/31にニュージーランド研修に4名の薬剤師が参加いたしました。マヌカハニーの知識を深めるため原産者から、品質や採取方法等を学び、ニュージーランドで最も歴史あるオタゴ大学の薬学部でニュージーランドの薬学教育、薬剤師の活動、医療保険制度などについての研修を受け、その後実際の薬局を見学しました。ニュージーランドの薬剤師の職能の広さ(リフィル処方・ワクチン接種・セルフメディケーション)に驚き、薬剤師という職について考える良い機会となりました。


i-gakkai.png2015.9.26-27

第9回日本薬局学会学術総会

NPhA学会.jpg9月26、27日にパシフィコ横浜で開催された、第8回日本日本薬局学会学術総会に参加いたしました。今年の3月に社内で開催された研究発表会の優秀演題を口頭発表、ポスター形式、それぞれ2演題発表してまいりました。
発表演題は「メンタルクリニックにおける妊婦への薬物療法について 」、「腎機能による抗不整脈薬調節とTDM」、「薬剤師からみた最新美容成分であるフラーレン、プロテオグリカン」、「調剤事務従事者から発信する健康情報誌」の4演題でした。


i-kensyu.png2015.9.8-9.14

NPhAアメリカ薬剤師研修

アメリカ研修9月.jpg9/8〜9/14にNPhAアメリカ薬剤師研修に4名の薬剤師が参加いたしました。ワシント大学薬学部でアメリカの薬学教育、薬剤師の活動についてなどの研修を受け、アメリカの保険システムや調剤業務以外の栄養学や健康指導についての講義も受けました。アメリカの薬剤師の職能の広さや職種に対する認知度に驚き、薬剤師という職について考える良い機会となりました。


study.gif2015.8.30

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(いわき地区)

DSC04524.JPG8月30日にいわき地区のプロフェッショナル研修がいわき市労働福祉会館 にて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。参加人数は薬剤師39名、オペレータ33名でした。
写真はオペレーター向け外部講師をお招きしての「調剤薬局の売場づくり・陳列を考える」の研修の様子です。調剤薬局における物販のノウハウを学びました。


study.gif2015.8.9

薬局長就任(前)研修

DSC04521.JPG8月9日に東京都の本社にて薬局長就任(前)研修が実施されました。
薬局長就任1年以内、および今後薬局長になる見込みの薬剤師を対象に行われました。
研修の内容は「管理薬剤師マニュアル」「契約調剤について」「保険調剤の基礎」「調剤過誤防止マニュアル、医療提供施設について、破損・破棄・デットストック」「クレーム対応マニュアル」「経営管理について」「適正な薬歴記載」などの管理者として必要な知識についての研修となりました。
写真は「契約調剤について」の様子です。


study.gif2015.8.2

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(北海道地区)

DSC04498.JPG8月2日に北海道地区のプロフェッショナル研修がTKP札幌駅カンファレンスセンターにて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。参加人数は薬剤師17名、オペレーター16名でした。
写真は薬剤師向け「輸液について」の研修の様子です。体液の基礎から、電解質輸液の基礎について学びました。


study.gif2015.7.19-20

2年目研修

2年目研修.jpg7月19と20日にアジュール竹芝にて2年目研修が実施されました。
研修内容は「クリニカルケーススタディー(リウマチ・脂質異常症)」「疑義照会と適応外について」「薬物代謝酵素と相互作用」です。


study.gif2015.6.27

医師招聘勉強会(北海道地区) 

2015.6.27医師招聘勉強会+北海道.JPG6月27日に株式会社スズケンさんの札幌支店大会議室で、医療法人社団 青木内科クリニック院長 青木伸 先生をお招きして勉強会が行われました。
「最新の糖尿病経口剤」と題しまして、インスリンの基礎知識、CPR測定を用いた治療戦略、各薬剤における症例について、お話いただきました。


i-kensyu.png2015.6.20-6.24

タイ研修

タイ研修.jpg6/20〜24に薬剤師、オペレーター含め12名にてタイ研修を実施しました。日本大使館にてセミナー 「タイと日本医療制度について」のセミナーを受講し、日本人経営の薬局、東南アジア地区において最も大きい私立病院の一つであるバンコク病院の視察を行いました。タイの医療制度や医療現場の現状を現地の方々に直接伺うことができました。また医療に関することだけではなく、タイの文化や歴史についても学ぶことができました。


study.gif2015.6.20-21

新人フォローアップ研修

新人フォローアップ研修.jpg6月20と21日にホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷で、今年度入ってきた新入社員に配属後1ヵ月半にて、新人フォローアップ研修が実施されました。
研修内容は「在宅業務の流れ」「血中濃度動態について」の講義、「配属店舗の良い点・改善点」などのグループワークを行いました。


study.gif2015.6.14

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(関東地区)

2015.6.14プロ研関東.JPG6月14日に関東地区のプロフェッショナル研修がフクラシア東京ステーションにて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。参加人数は薬剤師50名、オペレーター39名でした。
写真はオペレーター向け外部講師を招いての接遇マナー研修の様子です。医療業界における接遇の必要性、実践的な技術についての研修でした。


i-kensyu.png2015.5.30-6.5

アメリカ研修(HMI SEMINAR)

2015.5.30-6.5+アメリカ研修.jpg5/30 〜6/5に実施された HMI SEMINAR 2014 in U.S. Los Angeles に弊社より4名の薬剤師が参加いたしました。アメリカの薬局における患者獲得のためのサービスやマーケティングを学ぶことで、「日本の現制度の枠に捉われない患者さんのための薬局創り」を共に考える研修となりました。


study.gif2015.5.30-31

3年目研修

3年目研修.jpg5月30と31日にホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷にて3年目研修が実施されました。
研修内容は「女性医学概論」「薬歴記載について(糖尿病患者・乳幼児)」「ビジネス文書の書き方」などの講義、「クリニカルケーススタディー4例」「クレームと責任」「中堅の役割」などのグループワークを行いました。


study.gif2015.5.17

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(東海・近畿地区)

プロ研名古屋.jpg5月17日に東海・近畿地区のプロフェッショナル研修がダイテックサカエにて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。
写真は薬剤師向け研修の「緩和医療薬学概論」の様子です。これからの薬剤師に求められる疼痛コントロールにかかわる投与設計や薬学的管理についての講義でした。


study.gif2015.5.11

医師招聘勉強会(郡山地区)

医師招聘勉強会(郡山)20150511.jpg5月11日にアイランド薬局 大町店 研修室に援腎会すずきクリニック 院長 鈴木一裕 先生をお招きして勉強会が行われました。
「CKDと透析」と題しまして、CKDと透析について病態や透析のプロセス、薬剤の使用法など幅広く講義してしして頂きました。


study.gif2015.4.2-5.2

新入社員研修

2015新人研修.jpg4月1日入社の新人薬剤師を対象に、4月2日~5月2日の約1か月間、集合研修を行いました。
「組織論」、「ビジネスマナー」など社会人として必須となる項目から、「処方解析」、「調剤実習」、「店舗実習」など薬剤師としての専門知識を身につけるものまで、内容は多岐にわたります。
そのほかに「郡山シティーマラソン」の応援、慰労会など盛りだくさんの内容となりました。
写真は、「講義風景」「調剤実習」「郡山シティーマラソン」「懇親会の集合写真」になります。


study.gif2015.3.8

第14回 研究発表会 北海道・首都圏・信越地区予選

2015研究発表会地区予選(関東).jpg3/8に東京フクラシアステーションにて第14回研究発表会北海道・首都圏・信越地区予選が行われました。「薬局における外国人対応」「Silent+Salesに学ぶ販売の在り方」「OTC売り上げアップ作戦〜心をつかむ「色」の法則〜」など患者接遇からOTC販売にかかわる幅広い分野で16演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は今年度開催の学会、学術大会にて発表予定です。


study.gif2015.3.7

第14回 研究発表会 東海近畿地区予選

2015研究発表会(東海近畿).jpg3/7にTKPガーデンシティ名古屋新幹線口にて第14回研究発表会東海近畿地区予選が行われました。「Ccrが50ml/min以下の方の服用量チェック」「プラセンタに次ぐ最新美容成分について」「日本初の外用爪白癬治療剤クレナフィンの使用実態調査」など新規医薬品や新規美容成分にかかわる調査ならびに調剤薬局業務にかかわる幅広い分野で15演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は今年度開催の学会、学術大会にて発表予定です。


study.gif2015.3.1

第14回 研究発表会 東北地区予選

2015研究発表会(東北).jpg3/1に郡山市民プラザビッグアイにて第14回研究発表会東北地区予選が行われました。「メンタルクリニックにおける妊婦・授乳婦への薬物療法」「検体測定室の実際」「残薬調節による医療費削減への試み」など調剤薬局業務にかかわる幅広い分野で21演題の発表が行われました。
この予選会で高い評価を得た演題は今年度開催の学会、学術大会にて発表予定です。


study.gif2015.2.19

医師招聘勉強会(須賀川地区)

医師招聘勉強会(須賀川2015.2.19).jpg2/19にアイランド薬局丸田店研修室にて福島県白河市にあります白河厚生総合病院 消化器内科部長 岡本 裕正 先生に「肝硬変の病態と治療」と題してご講演いただきました。
肝硬変の病態から治療まで、特にアミノ酸関連について詳しくお話ししていただきました。事前に私どもの質問を受けて当日お答えいただいた「肝炎についての質疑応答」も大変勉強になりました。


i-kensyu.png2015.2.15

薬局長フォローアップ研修

20150215薬局長フォローアップ研修.jpg2月15日、東京都の本社にて薬局長フォローアップ研修が実施されました。
今回は薬局運営の中で重要な管理業務の1つである『適切な調剤報酬算定』をテーマに講義とグループワークを実施いたしました。(写真は講義風景)


i-kensyu.png2015.1.24-25

半年研修

2014年度半年研修.jpg1月24と25日にホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷にて入社後半年研修が実施されました。
研修内容は「OJTファーストシート振り返り」「OJT確認テスト」「ケーススタディ(高血圧・糖尿病)」「軟膏の蘊蓄」などでした。写真は入社から半年たってたくましく(?)成長した皆さんの講義風景です。


study.gif2014.12.13

医師招聘勉強会(北海道地区)

医師招聘勉強会北海道1.jpg12/13に札幌市の松崎ビル5F会議室Bにて札幌市東区にあります天使病院 精神科神経科科長 山本 晋 先生に認知症についてご講演いただきました。
認知症の臨床診断、薬物療法におけるガイドラインとその実際など、臨床例を交えた広いお話をしていただきました。


i-kensyu.png2014.11.28

台湾研修

台湾研修.jpg11/28〜12/2にかけて弊社企画による台湾研修が実施されました。
台北では『漢方薬局』の見学と診察体験を行いました。診察は「脈を診る」という事が中心なのですが、それだけで患者の症状、体調などが分かるそうです。右手からは腸、肺、脾臓、左手からは心臓、肝臓、膵臓などの状態が分かるとのこと。
高雄では『義大病院』の見学を行いました。義大病院では病床数1000、Dr.数400人、スタッフは2000人以上のとても大きな病院でした。台湾では医薬分業があまり進んでおらず、ほとんどが院内処方でした。
(写真は漢方薬局、義大病院での見学風景)


i-gakkai.pngH26.11.22-23

第8回日本薬局学会学術総会

2014NPhA学会.jpg11/22~23に広島国際会議場で開催された、第8回日本日本薬局学会学術総会に参加いたしました。今年の5月に社内で開催された研究発表会の優秀演題をポスター形式で発表してまいりました。
発表演題は「患者の抱く疑問から薬剤師としてできるアドヒアランス向上のための工夫(右上)」、「患者満足度向上を目指した待ち時間に対する取り組み(右下)」、「高齢者の利便性向上についての検討(左下)」の3演題でした。


study.gif2014.11.09

全体薬局長会議 基調講演

2014.11.9全体薬局長会議基調講演.jpg11/9に秋葉原UDX GALLERY NEXTにて全体薬局長会議が行われました。
社内研修として『マタニティーハラスメントについて』、『調剤過誤について』などを実施いたしました。
また、基調講演として、藤田保健衛生大学 医療経営情報学科教授 福永 肇 先生に『日本病院史から見た日本の医療の変遷』と題してご講演いただきました。
日本史における『病院』の成り立ちを古代から現代にかけてみることで今の医療制度における『病院』の姿について、さらにこれからの『病院』のあるべき姿が示される内容となりました。(写真は基調講演の様子)


i-kensyu.pngH26.10.25-29

マレーシア研修

マレーシア研修.jpg10/25~29に社内企画によるマレーシア研修を実施いたしました。クアラルンプール最大の病院であるGleneagles(グレンイーグルス)私立病院や高度な専門医療ケアを提供する3次医療センターSime Darby Healthcare Centres(サイム・ダービーメディカルセンター)などの見学を行いました。「国による医療保険制度が存在しない」「偽薬の問題があり院外処方になると医薬品の品質の担保が難しい」「診療の自由度が高く海外からの富裕層の受診も多くある」などの日本国内とのギャップを肌で感じられる研修となりました。


study.gif2014.10.22

医師招聘勉強会(いわき地区)

2014.10.22医師招聘勉強会いわき.jpg10/22にいわき産業創造館ラトブ6階にて、いわき市 なかにし内科クリニック中西 文雄 院長に「喘息・COPDの吸入療法」と題してご講演いただきました。
喘息・COPDの病態、治療法をはじめ吸入器の種類や用法についてもデモ機などを用いて説明して頂きました。


study.gif2014.10.17

医師招聘勉強会(須賀川地区)

医師招聘勉強会(須賀川).jpg2014.10.17にアイランド薬局丸田店の研修室にて郡山市にある桜井産婦人科医院院長桜井秀先生に4月に開催した勉強会の続編として「日本の低用量ピルに関する諸事情」と題しご講演いただきました。まずは前回の復習となる『社会学的な点から日本の低用量ピルの状況』について概説していただきました。
続いては、ピルの力価での分類と低用量ピルの効果についてご説明いただきました。低用量ピルのメリットは月経症状の軽減、子宮内膜症の予防・治療、貧血、ニキビの改善、月経前症候群の軽減などであり『ほぼ100%となる避妊はあくまでおまけです』とのこと。また、デメリットとして新聞報道もなされた整脈血栓症のリスクファクター、予防方法についてもご教授いただきました。
終始、現在のピルを取り巻く状況について熱く語っていただきました。質疑応答時におっしゃっていた『糖尿病や血圧の薬の取り出して服用ように食卓でピルを取り出して服用できる時代が来てほしい』という言葉が印象に残りました。


i-gakkai.png2014.10.12-13

第47回日本薬剤師会学術大会

薬剤師会学術大会.jpg10/12〜13に山形市で開催された、第47回日本薬剤師会学術大会に参加いたしました。
今年の5月に社内で開催された研究発表会の優秀演題をポスター形式ならびに口頭で発表してまいりました。
発表演題は「患者の健康状況に合致する付録を用いた手帳携帯率向上の試み(右上)」、「嘔吐物処理と感染予防から検証した連携医療体制(右下)」、「高齢者の安全な服薬のために薬局でできること(左下)」の3演題でした。


study.gif2014.8.30

医師招聘勉強会(東海地区)

名古屋医師勉強会中央.jpg8/30にTKP名古屋ビジネスセンターにて名古屋/豊橋ハートセンター循環器内科副院長 松原徹夫先生を講師にお招きして勉強会を開催いたしました。
「循環器疾患と全身管理」と題して循環器疾患を軸に、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病の合併による冠血管疾患のリスクの上昇を分かり易く説明していただきました。


study.gif2014.07.20

2年目研修

2014二年目研修.jpg7/20〜21に入社2年目の社員を対象とした2年目研修が東京都のホテルラングウッドにて行われました。「クリニカルケーススタディー」「適用外処方」「保険点数テスト」「薬物代謝酵素とトランスポーター」「在庫管理について」など薬学的内容と調剤実務を組み合わせた内容でした。


study.gif2014.07.06

北海道地区プロフェッショナル研修・オペレーター研修

北海道.jpg7/6に札幌市のきょうさいサロンにて薬剤師向けプロフェッショナル研修とオペレーター研修が併催されました。研修プログラムは他の地区で開催された研修と同じ内容となります。写真はオペレーター研修の講座「OTC/PB 商品について」の模様です。


study.gif2014.06.29

関東地区プロフェッショナル研修・オペレーター研修

プ研東京2.jpg6/29に東京都のフクラシア東京にて関東・新潟地区の薬剤師向けプロフェッショナル研修とオペレーター研修が併催されました。
研修プログラムは他の地区で開催された研修と同じ内容となります。
写真はプロフェッショナル研修の講座「モチベーション~chenge編」とオペレーター研修の講座「OTC/PB商品について」の模様です。


study.gif2014.06.21-22

新人フォローアップ研修

2014フォローアップ2.jpg6/21~22に本年度の新入社員を対象にした新人フォローアップ研修が福島県郡山市にあるアイランド薬局大町店2階の研修室にて行われました。
研修内容は「みんなで考える理想の店舗」「在宅業務の流れ」「新入社員研修でわかりにくかったこと&100問テスト」「薬局製剤」「OJT開始に際して」などの新人研修の復習とこれから必要になる知識の習得を織り交ぜた内容となりました。


study.gif2014.06.15

東北地区プロフェッショナル研修・オペレーター研修

プ研東北2.jpg6/15に福島県郡山市のビューホテルアネックスにて東北地区の薬剤師向けプロフェッショナル研修とオペレーター研修が併催されました。
研修プログラムは6/8に名古屋で開催された研修と同じ内容となります。写真はプロフェッショナル研修の講座「モチベーション~chenge編」の模様です。


study.gif2014.06.08

東海近畿地区プロフェッショナル研修・オペレーター研修

2014.6.8プ研東海近畿2.jpg6/8に名古屋市のダイテックサカエにて東海近畿地区の薬剤師向けプロフェッショナル研修とオペレーター研修が併催されました。
プロフェッショナル研修は「免疫学入門」「Net-αの在庫管理」「罪を憎んで人を憎まず~ヒューマンエラーを考える~」「モチベーション~chenge編」について行われました。
オペレーター研修の内容は「Net-αを用いた患者情報共有・在庫管理について」「OTC・PB商品について」でした。写真はプロフェッショナル研修の講座「基礎免疫学」の模様です。


study.gif2014.05.31-06.01

3年目研修

2014三年目研修2.jpg5/31~6/1に入社3年目の社員を対象にした3年目研修が東京のリフレフォーラムにて行われました。
研修内容は「女性医学概論」「ケーススタディで考える中堅の役割」「クリニカルケーススタディ」「クレーム体験」「ビジネスライティング」などの医薬品の知識だけでなく店舗のマネージメントも視野に入れた内容となりました。


i-kensyu.pngH26.5.31~6.6

アメリカ研修(HMI SEMINAR)

アメリカ研修.jpg5/31~6/6に実施された HMI SEMINAR 2014 in U.S. Los Angeles に弊社より4名の薬剤師が参加いたしました。『アメリカの薬局に於いて、患者獲得のためにどのようなサービスやマーケティングが行われているか』を学ぶことで日本の現制度の枠に捉われない患者さんのための薬局創りを考える研修となりました。


i-kensyu.pngH26.5.19~24

アメリカ研修(在宅医療研修)

アメリカ研修在宅.jpg5/19~24に実施されたヘルスビジネスマガジン社提供による『第4回ハワイ在宅医療&H.I.T(Home Infusion Therapy=家庭における高カロリー輸液療法)ビジネス成功の秘訣を学ぶツアー』に弊社より1名参加いたしました。
研修の主となったのはファーマケア社の見学、研修です。ファーマケア社は在宅医療、特に輸液療養に特化した薬局です。日本では調剤、鑑査、訪問し、計画書、報告書の作成を全て薬剤師が行っております。しかしながら、米国では薬剤師業務はDIに徹して、調剤は鑑査のみと非常に専門性を集約した内容に合理性を感じると同時に今後のアイランド薬局の在宅医療を築き上げる上で大きな知見となる研修でした。


study.gif2014.05.11

第13回 研究発表会本選会

2014研究発表会本選2.jpg5月11日(日)秋葉原UDXにて研究発表会の本選会を開催しました。
北海道~大阪の各店より、各地区の予選を勝ち抜いた18演題の研究発表が行われ、参加者は演者、来賓を含めて総勢130名と盛況のうちに終了しました。
研究テーマは診療報酬改定に絡んだ「手帳の利用」「後発医薬品」にかかわるもの、安全管理の視点から「ヒヤリハット」「ノロウイルス対策」、患者接遇の点から「高齢者の視点に立った店舗改善」など各店の創意工夫のあふれるバラエティーに富んだ内容となりました。評価の高い演題は今年度開催の学会、学術大会にて発表予定です。


study.gif2014.04.23

医師招聘勉強会(須賀川地区)

Dr須賀川(明るさ補正2).jpg2014.4.23にアイランド薬局丸田店の研修室にて郡山市にある桜井産婦人科医院院長桜井秀先生に「生理不順に対する低用量ピルについて」と題してご講演いただきました。
まずは社会学的な点から日本が低用量ピルの使用において後進国であり、そこには避妊方法に対する日本人の誤認識、特に低用量ピルに対する偏見めいたものがあることを概説していただきました。
そして、最近副作用に対する注意喚起がなされた低用量ピルの事例についての解説もいただきました。
特に若手の男子薬剤師は距離を取ってしまいがちな領域であったので大変参考となったのではないでしょうか?近日開催予定の続編に期待が高まります。


study.gif2014.04.02

新入社員研修

2014新人研修.jpg4月2日入社の新人薬剤師を対象に、4月2日~5月2日の約一ヶ月間、集合研修を行いました。
「組織論」、「ビジネスマナー」など社会人として必須となる項目から、「処方解析」、「調剤実習」、「店舗実習」など薬剤師としての専門知識を身に着けるものまで、内容は多岐にわたります。
一ヶ月間の研修で、しっかりと基礎を固めた後、元気いっぱいで各配属店舗にて勤務を開始しました。
写真は、「高齢者疑似体験」「調剤実習」「懇親会の集合写真」になります。


study.gif2014.03.09

北海道・首都圏・信越地区研究発表会(北海道・首都圏・信越地区地区予選会)

2014研究発表会関東2.jpg2014.3.9に東京フクラシアステーションにて第13回アポロメディカルHD北海道・首都圏・信越地区
研究発表会が行われました。
こちらの地区では『後発品』がテーマとなる演題が複数あり、内容の重複が懸念されましたがそれぞれの演者の発表は『後発品』という題材を様々な角度、視点で検討した非常に興味深い内容でした。
そのほかに、コンタクトレンズの着色実験、経腸栄養剤のゼリー化などの15演題の発表が行われました。この予選会での優秀演題は5月に行われる本選会で他の地区の優秀演題と競うこととなります。


study.gif2014.03.08

東海・近畿地区研究発表会(東海・近畿地区予選会)

2014研究発表会(東海近畿)2.jpg2014.3.8にTKP名古屋ビジネスセンターにて第13回アポロメディカルHD東海・近畿地区研究発表会が行われました。
患者待ち時間の解析をもとにした患者満足度向上への取り組み、ヒヤリ・ハットを減らすための事例に基づく具体的な対策、薬局でのインフルエンザ拡散防止対策、電子お薬手帳への取り組みなどバラエティに富んだ17演題が発表されました。
この予選会での優秀演題は5月に行われる本選会で他の地区の優秀演題と競うこととなります。


study.gif2014.03.02

東北地区研究発表会(東北地区予選会)

研究発表会(東北地区予選)2.jpg2014.3.2に郡山市民プラザビックアイにて第13回アポロメディカルHD東北地区研究発表会が行われました。
調剤過誤、服薬アドヒアランス向上のためのツール作成、手帳の付録、一般名処方とピッキングミスの対策、勤務形態などの幅広いテーマで18演題の発表が行われました。
この予選会での優秀演題は5月に行われる本選会で他の地区の優秀演題と競うこととなります。


i-kensyu.png2014.01.25

半年研修

半年研修.jpg1.25-26に今年度の新入社員を対象とした半年研修が晴海グランドホテルにて行われました。これまで実施された新人研修~フォローアップ研修~OJTまでの総復習が主な内容でした。それぞれの配属先が全国各地に広がっているため同期が一堂に会するよい機会でした。
研修期間中の懇親会も仕事の話題はもちろんプライベートの話題でも大盛り上がりでした。


study.gif2013.12.11

医師招聘勉強会(いわき地区)

いわき医師招聘4.jpg12/6に福島県いわき市で勉強会を開催いたしました。いわき市にある、かしま病院の神崎憲雄先生をお招きし「がん治療について」と題してご講演いただきました。
手術・抗がん剤・放射線治療・免疫療法など、がん治療について長所・短所を薬剤師用に分かりやすく説明して頂きました。
調剤薬局では外科的療法に実際に触れる機会は少ないので、外科的療法を行われた患者様の接遇や服薬指導を行うにあたり非常にためになる講演となりました。


study.gif2013.12.10

医師招聘勉強会(北海道地区)

医師招聘勉強会(11.9北海道).jpg11/9に札幌市北区にある「しのろ耳鼻咽喉科」武市紀人院長先生を講師にお招きして勉強会が行われました。
「めまいの治療~耳寄りな話~」と題して耳の仕組みについて、難聴・高齢者の聞こえ方、耳掃除等の話も織り交ぜて解説していただきました。
めまいというと原因不明、治療困難というイメージがありますが、分類と症状の特徴、それぞれに有効な治療法について、耳の症状に悩んでいる有名人のお話や耳鼻科トリビアを織り交ぜたわかりやすく興味深い内容の勉強会となりました。


i-gakkai.png2013.12.03

第7回日本薬局学会学術総会

2013NPhA学会.jpg11/23、24に大阪国際会議場で開催された第7回日本薬局学会学術総会に参加いたしました。
発表演題は「プラザキサ ® の副作用早期発見のための取り組み」「分包ロス削減のための取り組み」「インシデント長期詳細分析」「患者に合わせたコミュニケーション~医療用語理解度調査~」の4演題でした。これらの4演題は今年の5月に行われた社内の学術研究発表会の優秀演題です。
写真はポスター発表の4演題になります。


study.gif2013.11.10

全体薬局長会議

全体薬局長会議(11.10).png2013.11.10に秋葉原UDXにて全体薬局長会議が行われました。その中で行われた研修を紹介します。
今回行われた研修は「薬歴研修」「コンプライアンスについて」「PB商品の展開」の3つになります。
「薬歴研修」は、保険調剤を行う上での注意点、疑義照会について、時間的な繋がりを重視した薬歴記載などについて講義が行われました。
「コンプライアンスについて」は、近年急増しているパワーハラスメント(パワハラ)について自己診断を織り込んで防止策と発生した際の相談方法などについて研修が行われました。
「PB商品の展開」は今後、アイランド薬局ブランドとして展開する商品群についての説明と意見交換が行われました。
写真は「薬歴研修」の中の薬歴の検討とそのフィードバックが行われている様子です。


study.gif2013.10.12

医師招聘勉強会(東海・近畿地区)

cam1.jpg2013.10.12にTKP名古屋ビジネスセンターにて名古屋市守山区にある浅井医院の浅井富成院長を講師にお招きして勉強会が行われました。「在宅医療について」と「認知症予防について~手遊び・指遊びを通じて~」という内容でご講演いただきました。写真は「認知症予防について~手遊び・指遊びを通じて~」の講義の様子です。このような楽しい予防法であれば継続できますね。


i-gakkai.png2013.10.03

第46回日本薬剤師会学術大会

日本薬剤師会学術大会.jpg9/22-23に大阪で開催された、第46回日本薬剤師会学術大会に参加いたしました。
今年の5月に社内で開催された研究発表会の優秀演題をポスター形式で発表しました。
発表演題は「抗精神病薬と下剤投与量の相関調査」、「小児におけるイナビル吸入の失敗要素の解析」、「インフルエンザ罹患者の実態調査と薬局従事者による空間除菌ブロッカー(R)の効果検証」の3演題でした。
写真は学会参加者の集合写真とポスター発表の3演題になります。


i-kensyu.png2013.09.10

薬局長就任前研修

2013.9薬局長就任前研修.jpg2013.9.1に本社会議室にて薬局長就任前研修が行われました。
これからのアイランド薬局を担うことになる入社3年目以降の中堅薬剤師を対象に行われました。この研修に参加したメンバーの中には薬局長に就任することが決まっている人もいました。そのためか、ほかの研修とは違う熱気が感じられました。
研修の内容は「管理薬剤師マニュアル」「契約調剤について」「保険調剤の基礎」「調剤過誤防止マニュアル、医療提供施設について、破損・破棄・デットストック」「クレーム対応マニュアル」「経営管理について」「適正な薬歴記載」などの管理者として必要な知識について幅広い内容の研修となりました。
写真は「保険調剤の基礎」の様子です。


i-kensyu.png2013.08.10

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(北海道地区)

プロ研オペ研北海道.JPG北海道地区のプロフェッショナル研修は8/4にTKP札幌カンファレンスセンター共済サロンにて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。
写真はオペレーター向け研修の「レセコンスキルアップ研修」の様子です。入力業務における基本操作、PCやレセプトコンピューターの便利な小技、正しいレセプト請求につながる処方入力方法などの処方入力業務全般について講義がありました。


i-kensyu.png2013.08.03

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(福島中通り・宮城地区)

プロ研福島中通り.jpg福島中通・宮城地区のプロフェッショナル研修が7/28に郡山ビューホテルアネックスにて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。
写真は薬剤師向けの「左ヒラメと右カレイ(光学活性な医薬品について)」の様子です。
光学活性な化合物と日用品のかかわりから医薬品における光学活性体の意義、既存のラセミ体を光学分割した医薬品についての講義が行われました。


i-kensyu.png2013.07.23

3年目研修

3年目研修.jpg入社3年目の薬剤師を対象に7/14〜15の二日間、清稜山倶楽部にて3年目研修を行いました。「薬物代謝酵素とトランスポーター」、「OJTを実施する先輩薬剤師」、「ロールプレイで考えるクレーム対応マニュアル」、「処方解析・ケーススタディ」等、学術的な内容から薬局管理業務までの幅広い内容の研修となりました。
3年目ともなると薬剤師・社会人として一人前となる時期です。この研修が参加者のさらなる成長の助けとなればと思います。
写真は「ロールプレイで考えるクレーム対応マニュアル」の発表風景です。クレームというと何か身構えてしまいますが、患者様からの貴重なご意見として前向きに対応できるようにロールプレイで習得しました。


i-kensyu.png2013.07.13

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(いわき地区)

プロ研いわき.JPGいわき地区のプロフェッショナル研修は7/7にいわき市社会福祉センターにて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。
写真は薬剤師向け研修の「隣の芝生をのぞいてみよう(実践的ミーティング)」の様子です。初めに、ワールドカフェの様式(薬局長が国王役)にてミーティングを実施しアウトプットを行いました。
続いてミーティングに用いられるフレームワークの概要と実践方法についての講義が行われました。


i-kensyu.png2013.07.09

6/22~23 新人フォローアップ研修を行いました

8.jpg4月入社の新人薬剤師を対象に、6月22日~23日の二日間、新人フォローアップ研修を行いました。「新人研修の内容確認テストならびに解説」、「介護保険概論」から始まり、これから始まるOJTについても解説を受けました。
写真は葛根湯を題材とした「薬局製剤実習」の様子です。実際の生薬を用いて、原料検品、調剤、包装、製造記録まで行いました。
この後、新人薬剤師は各配属店舗にて実務を通じた約半年間の「OJT研修」に入りました。


i-kensyu.png2013.06.30

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(東海・近畿地区)

プロ研東海近畿.JPG6/19に東海・近畿地区のプロフェッショナル研修がダイテックサカエにて行われました。薬剤師向けのプロフェッショナル研修とオペレーター研修との併催でした。
写真は薬剤師向け研修の「隣の芝生をのぞいてみよう(実践的ミーティング)」の様子です。
この研修は各店舗のミーティングを他の店舗のスタッフが参加してみよう!というコンセプトで行われました。ワールドカフェの様式(薬局長が国王役)を採用し、一つの議題について色々なメンバーで話し合います。その後、ミーティングで使える各種ツールを紹介しました。


i-kensyu.png2013.06.15

プロフェッショナル研修/オペレーター研修(関東・北陸地区)

プロ研関東.jpg今年のプロフェッショナル研修も全国各地区で開催されました。本年度の最初の開催地は関東・北陸地区で6/9にホテルラングウッドにて行われました。本年のプロフェッショナル研修はオペレーター研修との併催です。
今年の薬剤師向けのテーマは「アンチエイジング概論」「左ヒラメに右カレイ(光学活性な医薬品について)」「隣の芝生をのぞいてみよう(実践的店舗ミーティング)」の3つでした。
写真は薬剤師向けの「アンチエイジング概論」の様子です。上手に加齢と付き合うための基礎知識として「カロリーリストリクション」「糖化仮説」「酸化ストレス仮説」の講義が行われました。


i-kensyu.png2013.06.10

6/1~2  2年目研修を行いました

写真3・2年生研修.JPG入社2年目の薬剤師を対象に6/1~2の二日間、2年目研修を行いました。 「ケーススタディによる処方解析、症例検討」、「薬物代謝酵素について」、「時間薬理学」、「在庫管理について」等、より実践に即したテーマを中心に学びました。研修担当者からは「2年目になり、後輩が入ってきたこともあり、皆、昨年の研修時と比べ、より研修に対しての熱意が感じられる。成長が感じられる。」との声が上がっていました。
写真は、グループでの処方解析の様子です。


i-kensyu.png2013.05.10

4/1~27 新人薬剤師研修を行いました

写真2新人研修DSC00626.JPG4月1日入社の新人薬剤師を対象に、4月1日~27日の約一か月間、集合研修を行いました。「組織論」、「ビジネスマナー」など社会人として必須となる項目から、「処方解析」、「調剤実習」など薬剤師としての専門知識を身に着けるものまで、内容は多岐にわたります。一か月間の研修で、しっかりと基礎を固めた後、各配属店舗にて勤務を開始しました。
写真は、アイランド薬局大町店研修室で行われた「法律論」の講義風景です。  


i-gakkai.png2013.05.23

5月12日に研究発表会本選を行いました。

研究発表会.jpg5月12日(日)TKP御茶ノ水カンファレンスセンターにて研究発表会の本選会を開催しました。北海道~大阪の各店より、20演題の研究発表が行われ、参加者は演者を含めて総勢120名と盛況のうちに終了しました。評価の高い演題は今年度開催の学会、学術大会にて発表されます。


トップページトップページ
アイランド薬局とは?アイランド薬局とは?
新卒採用新卒採用
中途採用中途採用
先輩達の声/研修・教育先輩達の声/研修・教育
店舗一覧店舗一覧

リクルート専用フリーダイヤル 0120-354-193
saiyou@islands.co.jpsaiyou@islands.co.jp
main_31.gif